ベビー&ママのロジカルライフー妊娠・出産・子育てー

ベビーとママのお悩みをロジカルに解決

【母乳育児奮闘記⑤】混合育児にかかるミルク代<月齢別の費用まとめ>

こんにちは!ららです。
0歳の女の子を育てています(20年6月時点)

娘が生まれてから今まで、母乳・ミルク混合栄養で育てています。

母乳もあげたいし、預けられるようにミルクもあげたい!と思って出産前からうっすら混合を希望していました。

 

関連記事

混合育児を続ける工夫をまとめました

 

出産前地味に気になっていたのが、ミルクなどにかかる費用・・・混合で育てている私のミルクに関わる費用をまとめます。

 

f:id:gak8:20200615165206p:plain



 

 

ミルクにかかる費用-初期投資ー

 

ミルクをあげるためには、まず哺乳瓶や関連するケア用品などを揃える必要があります。

 

ミルク育児のために最初に必要な(買った)基本リスト

 

まとめ

哺乳びん・替え乳首・・・3744円

哺乳びん用洗剤・ブラシ・・・592円

消毒液・ケース・・・1875円

ミルク・・・4180円

合計・・・10391円

 

関連記事

母乳育児にかかる費用まとめ

 

哺乳びん・ブラシ 

 

 最初は2本

  • 小さいサイズ<160ml>プラスチックタイプ
  • 大きいサイズ<240ml>耐熱ガラスタイプ

をそろえました。

 

詳細

合計・・・3744円

<内訳>

哺乳びん<160ml>プラスチック・・・1680円

哺乳びん<240ml>耐熱ガラス・・・1564円

新生児用乳首×1・・・500円

 

 

ポイント
  • 哺乳びんを洗う暇がないくらい、初期の授乳は忙しいので、最低2本は必要

母乳実感シリーズは母乳との併用がしやすいつくりのため、混合に向いていると思います。

 

娘8カ月の現在までずっと母乳実感の哺乳びんを使っていますが、ちゃんと飲んでくれています。

 

母乳実感【プラスチック製 160ml】

 

 

プラスチックは軽くてミルクがあげやすいし、持ち運びも楽です。

さらに160mlの小さいサイズは、ついている乳首が新生児用なのですぐに使えます。

 

 

母乳実感【耐熱ガラス製 240ml】

 

 

完ミになる場合を想定すると、240mlの大きいサイズの哺乳びんがあるといいです。

耐熱ガラスタイプは熱の伝わり方が早いので

「ミルクの温度がわかりやすい」「ミルクがすぐ冷める」

ため、初めのころにぴったりです。

 

補足

大きいサイズの哺乳びんには、3カ月用の乳首がついているので新生児用を買い足す必要があります。 ▼リンク▼

 

【SSサイズ 1個入】 ピジョン 母乳実感 乳首

 

哺乳びん用洗剤・ブラシ

哺乳びんを洗う用には、新生児から使える専用の洗剤・ブラシが必要です。

 

詳細

合計・・・529円

<内訳>

洗剤・・・357円

ブラシ・・・235円

 

コンビ  哺乳瓶・野菜洗い

 

 

コンビの洗剤は使いやすくてオススメです。

*こちらはレフィル

 

ポイント
  • 適度な泡立ち
  • 使いやすい容器
  • 匂いが気にならない

 

 

母乳実感 専用乳首ブラシ

 

 

母乳実感の乳首が、しっかり洗えます。

これ1本で哺乳瓶本体も洗えます。

 

 

哺乳びん用消毒液・ケース

消毒方法はいくつかありますが、私はミルトンにしました。

 

詳細

合計・・・1875円

<内訳>

ミルトン・・・1655円

ミルトン液用ケース・・・220円

 

ミルトン 

 

ポイント
  • 1度液をつくれば24時間使えるので、楽

 

ミルトン液をつくるためのケースは100円均一などで用意するのもいいですが、ネットだと専用のものがあるので間違いなく揃えたい人にはいいですね。 

 

 

 買いそろえると結構かかりますね。

 

ポイント
  • 混合育児で一番お金がかかるのは、最初
  • 1万円前後みておくと◎ 

 

 

 

ミルクにかかる1カ月あたりのコスト

 

娘が1日に飲んだミルクの量から、月齢ごとにミルクにかかった費用をまとめます。

 

私が使っているミルク

 

私が使っているのは「ほほえみらくらくキューブ」です。


1回に飲ませるミルクの量が少ない混合育児には、このキューブタイプのミルクが便利です!

 

 

ポイント
  • 量を計る必要がないので、簡単に調乳できる。
  • 20ml単位で調乳できる。

月齢別のミルク費用内訳

f:id:gak8:20200529131051p:plain

 

私の場合、「母乳メインの混合」だったためミルクの量がだんだん減っていきました。

 
ミルク1日平均量と月あたりの金額
  • 新生児:1日平均348ml=1カ月4,550円
  • 生後1カ月:1日平均383ml=1カ月5,000円
  • 生後2カ月:1日平均225ml=1カ月2,939円
  • 生後3か月以降:1日平均100ml-1カ月1,306円

 

とくに生後3か月以降は、基本的に1日1回、夜のみミルクになったため、ミルクの消費量がかなり減りました。

 

ミルク以外の1カ月あたりのランニングコスト

ミルク以外にも、消費する系のものや乳首のサイズアップなどコストがかかります。
生後6カ月までの平均をまとめます。

 

f:id:gak8:20200530000935p:plain

 

ポイント 
  • ブラシはだいたい1~2週間に1回替えていました。
  • 乳首のサイズアップは生後1カ月・3カ月・6カ月

 

 

 

月ごとの母乳・ミルク混合育児にかかった費用総

 

f:id:gak8:20200608232527p:plain

 
まとめ
  • 新生児期:10,391円
  • 1カ月:6,860円
  • 2カ月:5,421円
  • 3カ月:3,166円
  • 4カ月:3,431円
  • 5カ月:2,133円
  • 6カ月:4,464円 
  • ここまで合計:35,602円

 

 

まとめ

母乳よりの混合だと、初期投資はかかりますがその後のランニングコストは割と安くすんでいます。ぜひご参考に!

 

関連記事

混合育児のメリットをまとめました

母乳育児のための工夫まとめ