ベビー&ママのロジカルライフー妊娠・出産・子育てー

ベビーとママのお悩みをロジカルに解決

無痛分娩が効かない?!結局痛い確率は6%

たまに無痛分娩でも痛かった・・!

という声が聞こえてきますが、実際どのくらいの確率で「無痛分娩でも痛い現象」が起こるのか・・・

気になったので調べました。

 

無痛分娩でも痛い!効果が不十分な確率は6%

f:id:gak8:20201015141814j:plain
 

こちらの医院の分娩実績によると

 

ポイント
  • 医師側から見て無痛分娩の効果が不十分な例は6%あった

 

何らかの理由で、無痛分娩を行ったけど効果が不十分だった。

ということは、100例に6例くらい起こりうるようです。

 

病院によっても違うと思いますが、参考になる実績ですね。

 

ちなみに私の場合は・・・

 

麻酔はきちんと効きました。

麻酔のおかげで途中3時間くらい眠る時間もできました。(本当にぐっすり寝た)

落ち着いたカンガルーケアもでき、おおむね満足な無痛分娩となりました。

 

 

あわせて読みたい

無痛分娩のメリット・デメリットをまとめました

 

 

 

無痛分娩の効果は期待とギャップがある場合も

f:id:gak8:20201017011130j:plain

実際に麻酔の効果があるはずでも、妊婦本人的には効果が薄かったと感じることもあるようです。

妊婦側の麻酔効果のアンケートでは9%の人が「無痛分娩でも痛かった」と回答しています。

 

ポイント
  • 無痛分娩だからと言って、全く痛くないわけではない
  • 無痛分娩でもある程度陣痛は味わう

 

私は無痛分娩をしたとき、子宮口3~4cmで麻酔を入れたら陣痛が弱くなりました。

 

これは無痛分娩ができる昼間に麻酔を試すため、早めに麻酔を入れたことで起こりました。

 

陣痛がしっかり続くためには、ある程度お産が進む必要があります。

お産がスムーズにすすむためには、陣痛が来て少し耐える必要があるということですね。

 

無痛分娩と聞くと「痛みがない」と思いがちですが、実際はある程度痛い思いをする・・・

ということを意識しておくと

 

「思ってたのと違った!」

 

を防げるでしょう。

 

あわせて読みたい

無痛分娩の痛みを経過ことにグラフ化

 

まとめ

無痛分娩が効かない・痛い確率についてまとめました。

 

せっかく高いお金もかけて、無痛分娩にしたのに

 

効かない・・・めちゃくちゃ痛かった・・・

 

という話を聞くと不安になりますよね・・!

ネガティブな情報は耳に入ってきやすいですが、結論は6%!

 

この数字を低いととらえるか、高いと捉えるかは人それぞれです。

無痛分娩をするかどうか、悩んでいる方は参考になさってください。

 

▼無痛分娩のあれこれがわかる記事一覧▼

 

<入門編>

<初級編>

<中級編>

<上級編>

<出産レポ>